映画学

映画学

充実したインターンシップ制度と制作機会。映画スタッフになるには?

充実したインターンシップ制度と制作機会。映画スタッフになるには?

海外大学では総合大学をはじめ、多くの専門大学及び専門学校において、映画・映像学の学科やコースが設置されています。映画、映像は限られた大学でしか学ぶことができない国内大学に比べ海外大学では映画学科の修士号まで取得が可能で、映画批評も含め、脚本の書き方から、演出、撮影、照明、音響、編集に至るまで本格的に学べます。また映画ビジネスとして、映画の興行プロモーション(映画配給会社での仕事)に関わることも学んだり、幅広く映画を学ぶことができます。また学生の作品を大学主催のフェスティバルに提出したり、世界各地で開催される映画祭の学生部門に出品することも可能です。

留学のメリット

就職の多様性
 就職の多様性

海外大学の映画学では幅広く、様々なことを学ぶため、就職も映画産業のみならず、多分野にわたります。例えば、ジャーナリズム、教職、政府機関、エンターテインメント系の民間企業等、映画学で学ぶ技術的な側面やビジネス的な側面で十分役立てるキャリアを探すことができます。もちろん映画業界でもプロダクションや映画配給会社含め、英語力を活用して世界市場を見ていくことが可能です。

インターンシップ制度
インターンシップ制度

アメリカのカリフォルニアやニューヨークをはじめ、映画学が盛んなエリアは映画制作会社や映画配給を小規模で行っている会社を含め、多くの企業が存在します。近隣の大学と密接に関わっており、学生インターンシップを幅広く提供しています。インターンシップ実施に際しては、大学側は教育活動の一環として、また企業もPRも兼ねて積極的に関わっています。

高い制作力・分析力
高い制作力・分析力

海外大学の映画学の内容は、非常に高い水準にあります。CG、VFX、編集、音声等、制作に関しては、国内のプログラムに比べて高いレベルにあります。また映画の社会的な価値や意味を考え、様々な人種や民族に向けて映画を制作する文化が浸透しているので、エンターテインメントビジネス全般として、深い知識を学ぶこともできます。技術を習得する面でも、また映画業界に関わる土台を学ぶ上でも、非常に有意義な進路といえます。

海外で学べる大学・科目

映画学を学べる海外大学
海外で学べる科目
  • Documentary Film ドキュメンタリー映画
  • Video Art ビデオ芸術
  • Film Genre 映画ジャンル
  • Film Directing 映画監督
  • Film and Society 映画と社会学
  • Digital Sound for Film 映画デジタルサウンド
  • Film Production 映画制作
  • Internship インターンシップ
  • Animation アニメーション
  • Advanced 3D Animation 上級3Dアニメーション
  • Introduction to Digital Filmmaking 初級デジタルフィルム制作

先輩の声

野口 裕希さん
チャップマン大学

世界トップレベルの映画学科で学ぶ

世界トップレベルの映画学科で学ぶ

カリフォルニア州にあるチャップマン大学で念願の映画制作について学んでいます。映画学科では世界トップレベルの大学で、自分がその中で勉強できる環境にとても感謝しています。留学後、学習することが一層楽しくなり、最近は自分が受けている以外の授業に顔を出したりして、学校からできるだけのものを学ぼうと走りまわっています。大変ですが、やりがいがあり、こんなことは大学にいるうちしかできないので、やっと大学のありがたみがわかってきました。現在は週末も映画の撮影現場で働いたり、自分のセットの準備をしたりと忙しく、オフィスを出るのが2時ぐらいで朝にはまた戻ってきて用事をする、ということも。まだまだこういった忙しい日々が続く予定ですが、楽しいです。卒業後はアメリカに残ってハリウッドで仕事がしたいと考えています。今ある会社からオファーを受けているためビザも更新できそうです。理想としてはまずアメリカで働き、その後ヨーロッパの方へ移動できればいいなと思っています。

チャンスは自分から求めるもの

アメリカは自由の国と言いますが、住んでわかったことは、その自由は「チャンス」を意味しているということです。本気でやりたいことに対して自分でチャンスを求めれば、それがやってきます。その反面、自分から求めないと、チャンスは絶対にやってきません。自分の道をみつけ、やりたいことを確認し、どうすれば実行できるのかを考え、それを求めれば、きっと発揮できる機会がやってくるのではないかと思います。何かを達成するためには、与えられた環境のなかでのチャンスをどれだけ自分のものにできるかがキーになると思います。

メニューを閉じる