山口 誠也さん

山口 誠也さん

航空学の本場アメリカでキャリアを積んで、世界中の空を飛び回りたい。

  • 県立伊丹北高等学校出身(兵庫県)
  • HIUC海外大学進学科入学
  • ワシントン州立グリーンリバーカレッジ入学
  • 航空学(パイロット)専攻

パイロットになる夢を叶えるためにアメリカへ留学。

戦闘機工場で働いていた祖父の影響や、伊丹空港のそばで育ったこともあり、幼い頃からの夢だったパイロットになるために、航空の本場であるアメリカに留学しました。グリーンリバーカレッジを選んだのは、訓練に使用する飛行機やシミュレーター施設が充実していて、少人数制を採用しているからです。現在は操縦士資格を取るための座学や気象学、一般教養系の科目を履修しています。航空学の授業では、実際に旅客機のパイロットをされていた教授たちの実践的な授業が受けられるので、日々刺激を受けています。

TOEFL®ITPが70点アップ。HIUCで着実な準備をして留学へ。

HIUCに入学して、TOEFL®ITPの成績が425点から495点まで伸びましたが、まだまだ英語力不足を痛感しています。特に留学間もない頃は、毎朝のように教授のオフィスまで質問しに行っていました。日本にいるときよりも勉強量が格段に増え、慣れるまで辛い思いもしましたが、英語力でハンデがある分、アメリカ人学生よりも、常に先を行くくらいの心構えで勉強に臨んでいます。現在留学を予定されている人も、HIUCの授業をこなす中で、留学後に必要な基本的なスキルが身につくと思います。今のうちに少しでも良い準備をして留学に臨んでほしいですね。

頑張れば頑張るほどサポートが受けられる充実した環境。

こちらの大学は、どんな些細な質問でも丁寧に説明してもらえたり、返済不要の奨学金も充実しているなど、頑張る人間ほど手厚いサポートが受けられる環境が用意されているので、学習意欲がかきたてられます。授業以外でも、新しく入学してきた留学生のサポートをするアルバイトを通して、コミュニケーション能力やリーダーシップも学べています。将来はUniversity of North Dakotaという航空学の名門に編入し、さらにレベルの高い大学で学びたいと思っています。そして卒業後は、アメリカの大手航空会社の国際線パイロットとして、世界中を飛び回ることが目標です。

海外で夢をかなえた先輩たち

メニューを閉じる