倉本 豊美さん

倉本 豊美さん

静かな環境の中で、勉強だけでなく、豊かな人間関係を形成

  • 都立千早高等学校出身(東京都)
  • HIUC海外大学進学科 19期生
  • ニューヨーク州立アルフレッド工科大学入学
  • 同大学卒業
  • 中国清華大学編入

意外にもアットホームな大学

意外にもアットホームな大学

ニューヨーク州立アルフレッド工科大学は田舎にある大学で、勉強する環境が整っています。この大学を選んだ理由は、私は生まれも育ちも東京で、都会の暮らしは便利だけど、何かをするときにたくさんの誘惑があることをよく知っているので、田舎にある、勉強に集中できるこの大学を選びました。都会にある大学と比べて規模も小さいですが、その分教授や学生とも仲良くなりやすいです。また、アットホームな雰囲気がありとても温かいところです。

特に、このコミュニティに属していることを実感できてから毎日が楽しくなりました。寮アシスタントになり、クラブの部長になり、いろいろな人と関わり始めて、はじめてこの大学に入れたなと実感しました。そこからリーダーシップを学びながら、友達を増やして、勉強だけではなく、人間関係を豊かにしていくのがとても楽しかったです。ただ、人の上に立つということ、人間関係の複雑さやギャップに苦しんだりしました。ほかにもやっぱり文化の違いを感じて悲しくなったりもしました。

バックグラウンドの違いがかえって絆を深めることも

バックグラウンドの違いがかえって絆を深めることも

学生生活で楽しいことは、新しいことを知っていくことと、いろんな国のたくさんの違うバックグラウンドを持った人達と知り合って、いろんな話をしたり聞いたりすることです。最初は一人で異国の地にいるということで不安になったり、ホームシックになることが多かったです。でも自分を成長させることができたと思います。留学する前に「自分はしっかりしていて強い人間だ」と思っていたけど、留学して、泣いたりネガティブ思考になったり、さみしがったりしている自分がいて、自分の新しい一面を知ることができたと思います。それでも人と人との出会いの素晴らしさを体験して、違う環境で育った人達でもわかり合える大切さを知り、留学をしてよかったなと思います。

自分を見直して、相手を見直して、できるかぎりのことをするべき

“Carry out a random act of kindness, with no expectation of reward or punishment, safe in the knowledge that one day someone somewhere might do the same for you.”

これはダイアナ妃の言葉だそうですが、私がアメリカに来て1年経ったときに、ある教授に言われた言葉です。アメリカに来て、文化、言語、習慣がまったく違うということは、思った以上に大変な思いをさせられました。思考も違う、自分が正しくないと卑屈になって、立ち止まって不安になっている時にこの言葉を聞いて、もう一度自分を見直して、相手を見直して、できる限りのことをしてみたいと思い始めました。それからもっとたくさんの人と知り合って、新しい自分を知り始めたと思います。留学は大変だと思います。楽しいことばかりではなく、努力が必ずしも報われるというわけではない時もあります。でもそれはどこに居ても同じことで、だから留学をしてもっともっと新しい、今までまったく知らなかったことや人と出会って、自分を成長させられるのでは、と思います。

倉本 豊美さんが進学した
ニューヨーク州立アルフレッド工科大学

実践的な知識・経験を重視した学びが真の実力を育てる

  • ニューヨーク州立アルフレッド工科大学

1908年に創立されたニューヨーク州立アルフレッド工科大学は、ニューヨーク州立大学の中でも工科系大学の一つとして優れた教育機関であり、農学系、ビジネス系、教養系、工学系を中心に75以上の学術プログラムを提供しています。附属の応用技術学校が近くにあり、実践的な職業訓練を通して多様な技術訓練を行い、さらなる高度な専門知識、技術を身につけることができます。また、学内に1,500台のコンピュータが設置されるなど、設備の近代化も進んでおり、最先端の教育が受けられる環境が整備されています。技術力の向上に力を入れるとともに、一人ひとりの学生と教授の関係にも力をいれており、半数近くは20名以下の少人数クラスで授業を行っています。大学のプログラム、教授、カリキュラムは全て学生を文化的、社会的に教育するように作られています。音楽や映画、演劇など50以上のクラブアクティビティも充実しており、フィットネスセンターやオリンピックレベルのスイミングプールなども学生生活を飽きさせません。また、安全面にも力を入れており、24時間体制でパトロールやエスコートサービスを提供しているため、学生は安心してキャンパスライフを送ることができます。アルフレッド工科大学にはニューヨーク州だけではなく、他の州や外国からも多くの学生が訪れています。

海外で夢をかなえた先輩たち

メニューを閉じる