event

世界トップレベルの映画学を海外で学びませんか!?★☆

3月3日(土)

10:00~ / 12:00~ / 14:00~
16:00~ / 18:00~

会場

ヒューマン国際大学機構 大阪校

大阪市中央区南船場4-3-2 御堂筋MIDビル9F

定員
5名

申し込み終了

日本で映画を勉強することを希望する場合、専門学校か、芸術大学や特定の限られた大学の文学部で勉強する以外に道がありません。
一方アメリカの場合、大きな総合大学であると、多くの大学が映画学に関する専攻を有しており、教養課程の中で映画に親しんだり、
大学に別の専攻を希望して入学した後に、映画学に専攻を変更したり、また、その逆パターンも可能といった意味で、日本よりかなり柔軟に専攻やカリキュラムを選択できるというメリットがあるといえます。

また、卒業後は、映画産業のみならず、ジャーナリズム、教職、政府関係、民間企業など、広範囲にわたる職業の選択が可能であり、その意味で、職種が限定される日本の芸術大学や専門学校よりも、有利な面があります。
就職に関しては、現地で就職する場合は、ハリウッドがあるカリフォルニアが有利と言われていますが、最近では、ニューヨーク大学やテンプル大学などの東海岸の大学も、ストーリー性のある作品が評価されており、東西の映画学部の色彩の違いが注目できます。

アメリカのカリフォルニアやニューヨークをはじめ、映画学が盛んなエリアは映画制作会社や映画配給を小規模で行っている会社を含め、多くの企業が存在します。近隣の大学と密接に関わっており、学生インターンシップを幅広く提供しています。

世界トップレベルの映画学体験談はこちら!! →→  http://hiuc.athuman.com/graduate/noguchi.asp?code=130067

まずは情報収集から始めましょう!!
この機会に是非この説明会へご参加下さい。

<説明会内容>
■海外大学で学ぶ映画学について
■海外大学概要(費用・入学基準・留学方法など)
■海外大学への編入方法とその後の就職
■必要英語力と単位互換制度について

海外への進学については、ご家族の方のご理解とご協力が必要不可欠です。
説明会には、なるべく保護者の皆様とご一緒に参加ください。

会場へのアクセス

大阪校のイベント

メニューを閉じる