英語4技能と大学入試

英語4技能と大学入試

4技能と大学入試


大学入試の変化

大学入試の変化

「大学入試センター試験」が廃止され、2020年度より「大学入学共通テスト」が導入されます。(2021年1月実施)
変更点のポイントは下記の3点。

  • ①英語における民間試験の導入
  • ②国語・数学の2教科に記述式問題が追加
  • ③思考力・判断力・表現力を問う問題が出題

特に英語の試験が大きく変わります


英語の4技能を評価するテストに変化

これまでの英語のテスト
(2技能)

  • 読む(リーディング)

  • 聞く(リスニング)

  • マークシート式

変更後の英語のテスト
(4技能)

  • 読む(リーディング)

  • 聞く(リスニング)

  • 書く(ライティング)

  • 話す(スピーキング)

  • マークシート式
  • マークシート式

民間試験の導入と狙い

民間試験の導入と狙い

「大学入学共通テスト」に変わり、英語が2技能から4技能の評価となります。試験会場での面接を通して「話す(スピーキング)」のテストを実施することは困難なため、民間試験が導入されることになったのです。

民間試験(英語外部試験)は、文科省により認定されますが、まだ公表されていません。数種類の試験が認定されると言われています。

4技能の試験となった背景には、グローバル社会になる時代の流れに即した英語教育を取り入れる必要性が出てきたからです。テストで良い点数を取るだけの英語教育から、世界を舞台にコミュニケーションが取れる英語教育への変革という大きな変革期にいるのです。


4技能のテストに対応できるのか?

4技能のテストに対応できるのか?

大学入試が変わるのはわかりましたが、その4技能の習得はどうすれば良いのでしょうか?
今の高校での英語教育では、この4技能習得は充分な環境が整っているとは言えません。
実際、ネイティブ講師を招き高校での授業を実施するなどの動きが始まっていますが、あなたの高校ではいかがでしょうか?

PAGE TOP