世界的にも評価の高いカナダ大学へ留学

カナダ大学

カナダの大学は、世界的にも高い教育水準を誇っています。日本での知名度は低いですが、トロント大学やマギル大学、ブリティッシュコロンビア大学、マクマスター大学といった世界的にも評価の高い大学があり、イギリスやアメリカにおける学士同様の評価をされています。カナダではほとんどが公立大学ということもあり、安い授業料で高水準の教育を受けることができます。州ごとに特色のある教育制度を設けており、一般教養を中心としたリベラルアーツ系の大学からノーベル賞を輩出するような最先端の研究を行う大学まで幅広く選ぶことができます。

知れば知るほど好きになるカナダの魅力

カナダは、世界で2番目に広大な国土を有し「ナイアガラの滝」や「カナディアン・ロッキー山脈」など世界遺産にも登録されている自然が豊かな国です。かの有名なオーロラはもちろんですが、バンクーバーやビクトリアなど西海岸では春には梅や桜を見ることができます。カナダと言えば、先住民とフランス、イギリスからの移民によってカナダが誕生したことから移民の受け入れにはとても寛容的です。原則的に銃の個人所有は認められていないため、比較的治安もよく生活しやすいのも特徴で日本からの留学にはとても人気があります。

知れば知るほど好きになるカナダの魅力

カナダのHIUC提携大学

カナダの高等教育制度

テキストテキストテキスト

日本人留学生の渡航先として、カナダはアメリカ、イギリス、中国に並び、人気の高い国です。カナダはバイリンガルの国であり、英語とフランス語が公用語。カナダ人のルーツは実に多彩で、様々な文化が混在したオープンな社会になっています。実際にカナダ人の3人に1人はイギリス、フランスなどの民族です。カナダ全土に位置する大学のキャンパスでは、これを反映して多くの言語が話され、様々な文化的交流が行われています。大学は通常Universityですが、小規模で専攻数の少ないCollegeもあり、職業訓練などを中心に構成されるコミュニティカレッジと区別するためUniversity Collegeと称する場合もあります。4年制大学は約90校、コミュニティカレッジを中心とした2年制大学は約180校あり、そのほとんどが公立校です。各州によって教育制度が異なりますが、ブリティッシュコロンビア州やアルバータ州では大学間の単位互換(編入学制度)など、アメリカに近い柔軟性のある教育制度を取り入れています。カナダの大学は、学校間のレベル格差が大きくなく、いずれの学校も良質で高水準の教育を提供しています。世界的評価を受けている大学も多く、例えば、University of TorontoやQueen's University atKingstonなどはアメリカのアイビーリーグに匹敵する名門大学です。カナダは国を挙げて教育に力を注ぎ、今では18〜21歳人口の大学進学率は世界一とも言われています。

HIUC カナダ大学進学プログラム
本格的な研究は大学院に

HIUCとの提携により、通常の一般コースから入学する場合と比較し、入学基準であるTOEFL®スコアの減免が認められています。
※パスウェイコース
パスウェイコースは、大学1年次に相当するコースで、9ヶ月間のコース修了後は大学2年次に編入することが可能です。大学で学ぶ教養分野・専攻分野の一部を勉強することになります。

留学スタイルのご提案

HIUCカナダ大学進学プログラム

HIUCとの提携により、通常の一般コースから入学する場合と比較し、入学基準であるTOEFL®スコアの減免が認められています。

※パスウェイコース
パスウェイコースは、大学1年次に相当するコースで、9ヶ月間のコース修了後は大学2年次に編入することが可能です。大学で学ぶ教養分野・専攻分野の一部を勉強することになります。
[ 適応校 ]
サイモンフレイザー大学、マニトバ大学

フロー図 拡大する
  • 高校1・2年生の方 海外大学現役進学科
  • 高校3年生の方 海外大学進学科
  • 大学生・社会人の方 海外大学編入・大学院進学科
メニューを閉じる