心理学

心理学

豊富な臨床機会から学ぶ。カウンセラーやセラピストになるには?

豊富な臨床機会から学ぶ。カウンセラーやセラピストになるには?

学問として心理学を学ぶ場合、また職業として専門に心理学に携わる場合、海外大学のプログラムは非常にメリットが多い選択肢です。特にアメリカでは心理学はとても一般的な学問で、その研究は世界の最先端と言われています。カウンセラーやセラピストは、人のメンタルな部分を治療するスペシャリストとして認められ、活躍フィールドも大きく広がっています。社会的地位の面でも「American Psychological Association(アメリカ心理学会)」の試験に合格すれば、精神科医と同等の評価を得ることができます。

留学のメリット

選択肢の多さ
選択肢の多さ

国内大学では心理学を提供している大学はかなり限られていますが、海外大学の場合、心理学は非常にポピュラーな学科であり、アメリカでは3,000以上の大学で何かしら心理学に関係するプログラムを提供しています。各大学でそれぞれ特色あるコースがあり、臨床に強い大学、異文化理解に強い大学、幼児心理学に強い大学等、様々なコースがあり、皆さんの希望に応じた大学を選んでいくことができます。

専門分野の多様性
専門分野の多様性

海外大学において、心理学は非常に長い歴史があり、日本の心理学界はアメリカに比べ10年以上も遅れているといわれています。心理学は大きく自然科学領域(理系)と人文科学領域(文系)に分かれますが、海外大学では二つの領域を一つの大学で学ぶことも可能です。多岐に渡る専門分野を自由に選択し、大学を選んでキャリアにつなげていくことは非常に大きなメリットといえるでしょう。

トップスクールで学ぶ
トップスクールで学ぶ

心理学は非常に人気が高い学科で、分野別の大学ランキングで100位前後であっても、心理学の分野ではトップスクールと認識されます。心理学は臨床、研究の分野でも非常に競争力の高い分野ですので、学位を取得する大学レベルも問われる業界です。海外ではトップスクールの選択肢と編入制度の活用により、トップスクールへの編入、またトップレベルの大学院進学も現実的になっています。ご自身が興味のある分野の心理学を決定し、方向付けしていくと、進路選択の幅は更に広がる形となります。

海外で学べる大学・科目

心理学を学べる海外大学
海外で学べる科目
  • Introductory Psychology 心理学入門
  • Psychology of Adjustment 適応心理学
  • Social Psychology 社会心理学
  • Industrial Psychology 産業心理学
  • Evolutionary Psychology 進化心理学
  • Psychology of Personality 人格心理学
  • Psychology of Infancy and Childhood 幼児心理学
  • Group Behavior 集団行動学
  • Physiological Psychology 生理学的心理学
  • Cognitive psychology 認知心理学
  • Clinical and Counseling Psychology 臨床/カウンセリング心理学

先輩の声

石田 佳奈子さん
ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校

ストーニーブルック校を選んだ理由

ストーニーブルック校を選んだ理由

ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校は、研究型大学で、非常に規模が大きく学部の数もすごく充実しています。ストーニーブルック校を選んだ理由は地理的にニューヨークシティ(マンハッタン)へ行きやすいということ(電車で1.5~2時間ぐらいの距離)、他民族・多国籍が大きいこと、そして心理学に強いことです。心理学のリサーチが比較的良く学士号課程レベルでの研究機会も多くあり、研究者である教授たちと関わるチャンスが多いということです。

講義では身につかないことや、教えてもらえないこと

講義では身につかないことや、教えてもらえないこと

心理学を専攻している学生は、リサーチアシスタント(RA)として教授の研究室で働き、単位として認めてもらうことができます。教授によって研究のフィールドは様々です。私はPsychiatry Dept(精神科医)の教授のもとでRAとしてmeta-analysisと週7時間+週1回のMeeting + Readingをしました。心理学者や精神科医たちの研究結果のレポートを読み “coding” をしたり、精神科の患者のうちインタビューに参加してくれる人たちに電話をかけ、そのスケジューリングをしたりもしました。講義では身につかないことや、教えてもらえないことをRAとして経験でき、とても充実しています。また、教授のオフィスアワーに通うことで教授と仲良くなり、今後のキャリアや大学院、Honor Programについてアドバイスをもらえたりしています。

メニューを閉じる