ダンス

エンターテイメントの本場で学ぶダンス

エンターテイメントの本場で学ぶダンス

ジャズ、バレー、ヒップホップ、ロック、タップ、サルサ、など多彩なジャンルがあり、それらを専門的に勉強することも、いくつかを複合的に勉強することもできます。それぞれの分野の専門インストラクターのもと、初心者でも丁寧にダンスを学ぶことができ、マドンナ、ディスティニーズ・チャイルド、クリス・ブラウンなど現役エンターテイナー達と仕事をともにした先生たちに習うことも可能です。アメリカのみでも全米で283校の大学がダンス学部を設けており、限られた環境でしか学ぶことのできない国内に比べ、ダンスを学びながら学士の取得ができる海外は将来の選択肢を大きく広げてくれます。

留学のメリット

オールジャンルのダンスが学べる
オールジャンルのダンスが学べる

海外大学では、ダンスの実技のみならず、舞台演出やインストラクターとしての教養などのクラスも提供されており、パフォーマーのみならず幅広くダンスに関わることができます。また、ダンスセラピーやダンスの動きを利用したリハビリなど、国内にはまだ取り入れられていない分野も数多く存在します。コースを進めながら、自分がどの分野で将来的に活躍したいのかを決められることも大きな魅力です。

ダンスの本場アメリカで養う力
ダンスの本場アメリカで養う力

海外大学では、ネイティブの学生、世界中の国の留学生たちと共に学ぶことになります。今までとは異なる環境で様々な文化、価値観に触れるため、新しい感性が磨かれ表現力や創造性の幅を広げることができます。また、国際的なシーンで自らをアピールすることができる英語力、コミュニケーション力が養われるため、卒業後のステージを大きく広げてくれます。

広がる人脈と活躍のチャンス
広がる人脈と活躍のチャンス

プロのダンサーやエンターテイナー達のもとで勉強できる環境は、ダンス業界に人脈を築くには最適です。エンターテイメントビジネスの中心であるニューヨークとロサンゼルスにはショーやイベントも多く、学生のうちから参加できるものもあります。

海外で学べる大学・科目

ダンスを学べる海外大学
海外で学べる科目
  • Professional Jazz Dance(ジャズダンス)
  • Professional Classical Ballet(クラシックバレエ)
  • Professional Hip-Hop(ヒップホップ)
  • Professional Latin Dance(ラテンダンス)
  • Choreography(振り付け)
  • Dance Production(ダンスプロダクション)
  • Dance Therapy(ダンスセラピー)
  • Dance Movement Therapy/Education(ダンス療法)

先輩の声

橋本 亜美さん
カリフォルニア州立大学パロマカレッジ

毎日毎日新しいことでいっぱい

毎日毎日新しいことでいっぱい

大学の授業で面白いのはロールプレイ、ケーススタディー、ゲストスピーカーなどいろいろな方法で学ぶビジネスの授業。現実的・実践的な内容になっているところが好きです。大変なのはどの教科でもやっぱりテスト。また、思いもよらないような方々に出会えて、話したり、食事をしたりできました。ただの旅行ではなかなかできない経験ができることが正規留学の大きな魅力だと思います。でも勉強や部活が忙しくて、予想していたよりも自由な時間が少ないことがつらいこともあります。今は大学院進学と就職の両方を考えています。大学院でもビジネス系の勉強がしたくて大学を探しています。

新しいことにチャレンジできるチャンス

新しいことにチャレンジできるチャンス

アメリカ人以外の友達もたっくさんできます。その中で色んな文化を学べたり・・・。今までに日本で何度か振り付けなどもしたことがあったのですが、もちろんアメリカでは初めてでした。やっぱり国が違うと、考え方ややり方、教え方などは全く違います。自分のしたいコトを見つけるにはとってもいい学校だと思います。クラスの選択肢も多いし、新しいコトにチャレンジできるチャンスがいっぱいあります。私もまだまだ、新しいコトにチャレンジしていくつもりです!

メニューを閉じる