保護者の皆さまへ

保護者の皆さまへ

留学という選択は、得るものが多い反面、本当に留学を成功させるためには様々な準備や努力が必要です。留学を通じて、より多くの若者たちに自身の可能性を開花させてほしい。保護者の皆様に正しく留学をご理解いただくことでその道は拓かれます。お子様が「海外の大学に進学したい」とおっしゃっても、保護者の皆様にとってはご不明やご不安なことも多いはずです。海外大学進学のメリット、国内大学進学との違い、学校選び、費用、英語力、治安、緊急時の対応、現地への適応、住居など、今後数年間1人で海外に送り出すお子様が無事現地の生活に適応し、卒業し、就職を果たせるのか、ご心配は尽きないでしょう。
HIUCでは、留学に必要な様々なスキルや情報をご提供し、安心して留学に臨める体制を整えております。
留学準備は私たちHIUCにお任せください。

保護者の方にお話をお伺いしました。

出口 大矢くんのお母様 出口 正美様

今までやらなかった洗濯や料理を手伝ってくれるようになりました。
どこかで挫折するかもしれませんが、夢を実現して欲しいと思います。

出口 大矢くんのお母様
出口 正美様
最終的にHIUC入学を決められた理由はなんですか?
修学旅行以降、本人がネットでHIUCのことを調べて、高校2年生のときに、説明会についてきて欲しいと言われ、同席しました。親戚や周囲に留学経験者が いないので、とても不安でした。その分、いろいろ疑問に思っていることや親としての不安など質問を用意していったのですが、すべて丁寧にお答えいただいた ことと、サポート体制がしっかりしていることが決め手となり、安心して留学させられると思ったからです。最終的には本人の強い気持ちを尊重いたしました。
留学という進路をどう思われますか?
日本では学べるところが少ないそうですが、映画学を学んで将来そのままアメリカで映画に関する仕事がしたいそうです。昔から、海外のTVや映画や音 楽が好きで、一人で映画館にも行ったり、気に入った映画は何回も見直すくらいなので。どこかで挫折するかもしれませんが、幼いころから、自分の好きなこと にはすごく集中するタイプなので、夢を実現して欲しいと思います。また留学先では、ホームステイを選択しておりますが、どんなホストファミリーにあたるか 楽しみにしています。
同じような受験生を持つ保護者の方へ一言お願いします。
親というのは、子供の興味関心があるものは、サポートしたいと思うのは皆さんそうだと思いますが、自分自身が経験していないことはなかなか難しいと 思います。ましてや、留学となるとなおさら踏み切れないこともあるかと思いますが、本人を信じて、やりたいことを応援してあげたいと思います。

FAQ

留学の必要性は理解できるが、やはり費用が高いのではないですか?
国内の大学と大きく違うところは、海外の大学では入学金や寄付金という制度がほとんどないことです。また、現地の学生たちは寮生活を送ることがほとんどですし、生活物価は日本と比べると低い場所が多く、日本でのアパート暮らしと比べても設備が充実し、費用の面でも大きく節約が可能です。 受験料、入学金、上京後のアパート代や生活費を考えると、留学したほうが安かったケースも珍しくありません。さらに重要なのは、学問習得以外にも海外で生活することにより得られるコミュニケーション力や社会認識の力など日本では得られない経験値です。仮に国内と同等の費用が掛かったとしても、留学する価値は十分にあると私たちは考えます。
現地の治安はどうなんですか?
国内でも「学園都市」という言葉はしばしば使われますが、日本の場合は地域振興的な意味であり学生をサポートするという意味合いからは離れています。留学で人気のアメリカやイギリス、カナダ、オーストラリアでは、そこに存在する大学を中心に地域全体で学生生活を送るにふさわしい環境を与えようという気風があり、地域振興とは違った「真の学園都市」と言える街が数多く存在します。留学生を受け入れる大学のある街というのは大多数が中小都市部にあり、学生の多い穏やかな気質の地域です。さほど神経質になる必要はありませんが、やはり外国ですので日本国内と同様に繁華街の出入りなどには注意が必要です。
海外大学を卒業しても就職で不利になるのでは?
一昔前までは、留学生は不利と言う話もありましたが、現状ではそれほどご心配される必要は無いでしょう。確かに就職活動が年々早期化している日本の学生に比べると、留学生は情報も少なく、日本の企業の動向が見えづらいかも知れません。ただ現代の企業は優れた英語力と高い資質を持つ留学生に注目しています。国際・海外の一流企業を始め、数十社もの有名企業が参加するジョブフェアは、ボストン、ロンドン、ロサンゼルス、サンフランシスコ、北京など、世界各地で開催されています。また留学生の帰国時を狙って、夏冬に、東京や大阪でも開催されています。加えて最近は4月の新卒採用以外にも通年採用や9月採用など、雇用の門戸は大きく開かれています。高い語学力を有し、専門性が高く、自立心、積極性に富んだ留学生は、今後の国際化を支える重要な戦力としてますます期待されているのです。

HIUCのサポート体制

HIUC  Point of Program

留学準備といえば、まず最初に「英語」に取り組む方が多いですが、それだけでは不十分です。考えていた大学のイメージと違っていた、現地の生活になじめなかったなど、準備不足から良い留学とは言えない状況に陥る方もいらっしゃいます。
日本と同じく、個人に合う学校も様々です。ましてや海外となるとそれ相応の情報収集が必要となってきます。さらに、海外での生活を想定した準備など、留学成功にはいくつか大切なポイントがあります。
HIUCでは、「英語力・一般教養」の強化に加え、海外での学校生活を想定した「カレッジスキル」、ヒューマングループならではの莫大な情報から最適な進学先を選ぶ「プレースメント」など、留学に必要なスキルや情報を全方位的にサポートいたします。
「お子様が留学したいと言っている」「将来的に行かせてみたい」「費用が不安・・・」など少しでも疑問やご不安がありましたら、ご相談下さい。現在の学習状況や環境に合わせて、具体的にお話しさせてただきます。

スタッフ紹介

東京校 飯嶋まどか

高校卒業後にアメリカの2年制大学へ留学し、その後4年制大学へ編入しました。実際に住んでみると、大学生活を通じて文化の違いも体感でき、驚くこともたくさんありましたが、そのときの経験は、人生の宝物となっています。皆さんにも、素晴らしい経験をしてもらえるよう、お手伝いをしていきたいと思います。

大阪校 田中洋江

留学の進路相談はもちろん、大阪府内の高校渉外も担当しています。今、高校生に求められているグローバル人材としてのSGH(スパーグローバルハイスクール)プログラムにも携わっています。海外大学・留学について気になることは何でもご相談ください!

夢に向かって生き生きと学ぶ生徒たちをご覧ください

お子様にとっても保護者様にとっても、海外留学は初めての経験であり、不安が大きいものです。私たちは、お子様の夢を保護者様と共にサポートするという立場で、安心して留学へ向かえるよう徹底的にサポートいたします。
一足先に夢に向かって歩みだした生徒たちのコメント動画をご覧ください。
最初は皆一様に不安を持っておりましたが、HIUCで準備を行ううちに、それぞれに変化が表れてきました。今では生き生きと自分の夢を追いかけている様子を感じていただけると思います。

メニューを閉じる