教職員の皆さまへ

教職員の皆さまへ

グローバル化社会を迎え、卒業後の進路、社会でも英語を利用する機会が増えてきております。しかしながら、現在の日本人の評価は「英語は理解できているがコミュニケーションやネゴシエーションができない」といった声が多く、従来の英語教育のままでは真のコミュニケーションをとることが難しいと言わざるをえません。そこで文部科学省では、英語を用いたコミュニケーションを行う機会がさらに増えることを想定し、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をバランスよく育成することを目指して、新たな英語教育の方針を策定しました。ただ、従来の大学入試では4技能すべてを測定する試験はほとんどなく「読む」「聞く」に偏りがちでしたが、大学側でも英語4技能を取り入れた資格・検定試験を活用し始めており、今後も増加するとみられています。そのため、従来の英語指導に加え英語4技能を考慮した授業、検定や資格の指導が今後重要となってきております。

HIUCのソリューション

生徒の英語4技能向上および国際感覚の育成に取り組み始めている学校に、HIUCでは海外留学準備機関という強みを生かし従来の授業では中々指導しづらい「スピーキング」「ライティング」という発信型技能の強化や、さまざまな英語教育の授業提供、研修、講師派遣など、ご要望に合わせたご提案をさせていただいております。ここではその一部をご紹介させていただきます。

開成中学・高等学校 生物化学一般教養授業提供について

開成学園 開成中学・高等学校にて、英語による一般教養授業を実施いたしました。

授業概要
会場
開成学園 中学理科第三実験室
スケジュール
  • 14:40~16:10英語での生物化学の授業(トピック:細胞周期調節、細胞自然死と癌)
  • 16:10~17:00海外大学医学部進学説明会
開成中学・高等学校 生物化学一般教養授業提供について
東京都立日比谷高等学校 生物化学一般教養授業提供について

東京都立日比谷高等学校にて、ニューヨーク州立大学認定一般教養模擬授業が実施されました。

授業概要
会場
東京都立日比谷高等学校 生物室
スケジュール
  • 9:00~10:30日比谷高校大橋先生による日本語での授業
  • 10:30~12:00英語での生物化学の授業(トピック:細胞周期調節、細胞自然死と癌)
東京都立日比谷高等学校 生物化学一般教養授業提供について
ガイダンス一覧

その他の実績

TOEFL®iBT対策授業提供

大阪府立豊中高等学校

日本人講師によるTOEFL®iBT対策授業。講座終了後に団体TOEFL®を受験して生徒の学校以外での英語力アップ・モチベーションアップを図る。リスニング・リーディングを中心とした授業内容。月1回(土曜)2時間授業を年間12回実施。

一般教養講座授業提供

大阪府立千里高等学校

文理生徒への一般教養(法学・天文学)の授業を実施。ネイティブ講師によるAll English による専門知識の習得。最後は、グループプレゼンテーションを実施し、講師より評価。2日間集中での1日5時間授業。

国内語学研修

大阪私立夕陽丘学園高等学校

海外研修へ参加できない生徒を対象に国内英語研修の実施。レベルを2クラスに分けてネイティブ講師がESL(集中英語講座)を行う。リスニング・スピーキングを中心に日頃の高校での授業以外での英語コミュニケーションを習得。数多くのロールプレイングやアクティビティを行い、最終日は英語でショートスピーチ発表を行い講師より評価。

生物化学一般教養授業提供

東京都都内 私立中学・高校

中学3年生から高校3年生まで、34名の生徒が参加。授業で使用するプリント教材、またスタディガイドを事前に予習して教材を読み、授業に参加するというスタイルを採用。1時間半の授業終了後、「海外大学医学部説明会」を30分実施。

英語特別講座実施
「English Study Skills Lesson」

東京都立高校

プリント教材を使用し、ペアワークを中心に授業を展開。トピックに対して、英語でコミュニケーションを取ることに重点をおき、会話の表現方法を学習。

出張講義提供

神奈川県立高校

英語に興味のある1年生がコミュニケーションを中心とした特別レッスンを体験。

メニューを閉じる