牧野 美裕希さん

牧野 美裕希さん

留学を足掛かりに世界中で愛されるアパレルブランドを立ち上げたい。

  • 私立西南女学院高等学校出身(福岡県)
  • HIUC海外大学現役進学科入学
  • UCA芸術大学入学
  • ファンデーションコース専攻

高校時代の語学研修で経験した挫折で留学を決意。

留学に関心を持ったきっかけは、高校1年生のときのイギリス語学研修です。実際に現地の方と話してみると、こちらの伝えたい言葉がスムーズに出てこないせいで会話にならず、勉強不足を痛感。生きた英語を学ぶには、国内よりも海外への進学が一番の近道と考え、留学を決意しました。進学先のUCA芸術大学は、英語だけでなく、大好きなファッションや芸術、世界中の文化が学べる環境にひかれて選びました。世界のファッションの中心地・ロンドンに近いロケーションと、イギリス国内だけでなくEU諸国での課外研修が充実している点にも魅力を感じましたね。

日本では経験できない生きた英語に触れる毎日。

大学ではファッションやファインアート、映像芸術などの基礎を学んでいます。通常のプログラムに加えて、世界的な美術館や博物館、BBCと共有している広大なTVスタジオの見学など、課外授業も充実しています。入学当初はオリエンテーションですら理解できませんでしたが、不明な点は何度でも聞き直す、知らない単語が出るたびにメモして調べるといった基本的な努力を続けたおかげか、徐々に耳が慣れてきました。学校以外でも、あいづちの仕方や電車の切符の買い方など、日本にいては触れることのない実践的な語彙や表現方法も覚えることができました。

HIUCでの準備教育でクラスメイトをリード。

HIUCで学んだ中で、留学後に最も効果を実感しているのはエッセイの書き方です。論文の行間隔の規定であるダブルスペースや、パラグラフの構成について細やかな指導を受けたおかげで、他国出身のクラスメイトと比べても、スムーズにエッセイを書くことができていると思います。11日間の合宿も役立ちました。合宿期間も日本語の使用を禁止されていたので、留学生活の絶好のシミュレーションになりました。将来はファッション関係に進みたいです。デザインや機能性だけでなく、日本の伝統や技術を組み込ませた、世界中で愛されるブランドをつくることが夢です。

海外で夢をかなえた先輩たち

メニューを閉じる