日沖 寿里さん

日沖 寿里さん

海外で培った幼児教育が日本でも活かされている

  • Beanstalk International School 勤務〔日本〕
  • 県立員弁高等学校出身(三重県)
  • HIUC海外大学進学科 12期生
  • ニューヨーク州立コブスキル工科大学入学幼児教育学専攻
  • 同大学卒業
  • Morning Star learing Center (アメリカ) 入社
  • Beanstalk International School (日本) 入社

納得のいかなかったカナダ留学が、本格的な学びに目覚めたきっかけ

私が海外にはじめて興味を持ったのは、中学校の英語の先生の熱心な指導や海外についての楽しい話を聞いた時でした。そうした影響もあって、高校3年生の時に1年間、単身カナダへ留学。はじめの2ヶ月は得意と思っていた英語が全く理解できず自分との辛い戦いの日々でした。徐々に慣れたとはいうものの、自分で納得できるレベルにはほど遠いと感じました。

その後HIUCを知り、留学カウンセラーの方のお話を聞いて迷わず入学。本当の勉強というものに目覚めたように思います。HIUCでは、今までにない程の勉強をしましたし、厳しい指導に、時には泣きながらもついていく、そんな日常を過ごしました。

仲間とともに過ごしたこの経験が、その後のアメリカでの留学生活の全ての面で大きく役立ったことは間違いありません。

アメリカで学んだ幼児教育と日米の文化の理解が役立つ

2002年にニューヨーク州立コブスキル工科大学に入学し、幼児教育を専攻。子どもの成長のプロセスや心理学・社会学など幅広く勉強しました。ここでも多くの友達ができ、人種や文化の違いを超えて理解し合うことを学びました。現在、名古屋にあるインターナショナルスクールで働く毎日においても、これまでの経験がとても役立っています。

日沖 寿里さんが進学した
ニューヨーク州立コブスキル工科大学

少人数制教育、充実した施設環境で実践的な教育を提供

  • ニューヨーク州立コブスキル工科大学

ニューヨーク州立コブスキル工科大学は、1916年に設立され、アメリカの大学の中でも農業分野の技術においては古くから指導をはじめた大学の一つです。農業関連、フード、コンピュータ、ビジネス、幼児教育を中心とした学部が設置され、大学の伝統的な専門知識を活かし、インターンシップや実地研修などの実践的な教育が行われています。
約750エーカーの広大なキャンパスに高水準のコンピュータ実習室、科学実験棟、農業工学実験棟や、学生が運営するレストラン、チャイルドケアセンター、トラベルセンターが設置されており、実習施設として利用されています。準学士号・学士号課程を取得するプログラムや、ヘルスセンター・図書館などの設備、オリエンテーション、奨学金制度といった学習サポートも充実しており、卒業後は名門大学へ編入する学生も多いです。大学内には50以上のクラブ活動があり、学内・大学間でも各大会が盛んに行われています。ニューヨーク州の小さな学生街の落ち着いた環境で勉強し、様々なアウトドアを楽しみながら都市生活も味わえる、そんな欲張りな留学生活が楽しめます。

海外で夢をかなえた先輩たち

メニューを閉じる