留学の種類を知る

留学の種類は「正規留学」「交換留学」「語学留学」「専門留学」などさまざまです。どれを選ぶかによって学び方や期間も変わってきます。あなたに合った留学を選べるように留学の種類や特色を紹介します。

将来なりたい自分を目指すなら、海外大学へ進学する正規留学を選ぼう!

将来なりたい自分を目指すなら、海外大学へ進学する正規留学を選ぼう!

海外留学には語学留学と正規留学があります。語学留学は主に英語をはじめとした語学スキルを学ぶことを第一の目的とした留学で、正規留学は海外大学へ学位の取得を目的とした留学を意味しています。双方とも海外へ語学を学ぶことができるというのは共通しています。語学留学は、英語スキルに関係なく予算に応じて留学することができ、留学先によっては日本人が多い学校もあるため旅行に近いような感覚で参加することができます。一方で、日本の大学に通いつつ留学をする場合には、在籍する日本の大学への学費に加え、渡航先によっては留学費用が滞在費込で月に30万円程度必要になるなど、高額な費用がかかることは気をつけなければなりません。

もし将来、「就きたい職業がある」「なりたい自分がある」などの理由から海外留学を志望する場合は、正規留学を目指しましょう。正規留学では、海外大学に進学し現地で生活をすることになるため当然語学の勉強は日常生活の中で学んでいくことになります。また、各大学ごとにの個性的な教育方針を持つことや、経営学や国際関係学、航空学などの専門分野の学位を取得することもできるため、高度な英語力に加え専門分野の知識も習得でき就職に強いと言われています。また、海外の大学はレポートや討論などが中心で、「読む」「書く」「聞く」「話す」のすべてが求められるため、卒業する頃にはビジネスレベルの語学力が付いていることでしょう。卒業するまでに最低でも数年間は海外で生活することになるため、色々な出身の人との交流やその国の文化や歴史の理解を深めることができます。たくさんの友人ができるので留学先が第二の故郷ともなるでしょう。

交換留学と比較”現地で学ぶ海外留学”のメリット

交換留学と比較”現地で学ぶ海外留学”のメリット

交換留学は自分が在籍している大学から提携している海外の大学に留学することを言います。交換留学は現地の大学に入学金を納める必要がないので、安く留学できるというメリットがあります。大学によってはさらなる特典もあり、授業料免除もしくは減免されます。単位互換制度がある大学では、海外で取得した単位が日本の大学の卒業要件単位として数えられることもメリットです。休学する必要がなく、日本の大学を4年で卒業することが可能です。もちろん海外の文化に触れて友人を作ることもできます。

ただ、デメリットとして自分の行きたい大学があってもTOEFL®のスコアが足りないことや、提携していない大学の場合はと受け入れをすることができないため、留学地の候補が制限されてしまいます。交換留学では渡航できる人数が各大学や各学部ごとに制限があるため、倍率が発生し希望者全員が交換留学できる訳ではありません。外国語系大学などでは交換留学制度が充実しているものの、同時に交換留学を希望する学生も多いため倍率は十数倍になる大学も多くあります。また、交換留学の場合は海外の大学を卒業して学士を得ることもできないため、卒業するためには正規留学する必要があります。

海外留学には語学留学と正規留学があります。語学留学は主に英語をはじめとした語学スキルを学ぶことを第一の目的とした留学で、正規留学は海外大学へ学位の取得を目的とした留学を意味しています。双方とも海外へ語学を学ぶことができるというのは共通しています。語学留学は、英語スキルに関係なく予算に応じて留学することができ、留学先によっては日本人が多い学校もあるため旅行に近いような感覚で参加することができます。一方で、日本の大学に通いつつ留学をする場合には、在籍する日本の大学への学費に加え、渡航先によっては留学費用が滞在費込で月に30万円程度必要になるなど、高額な費用がかかることは気をつけなければなりません。

もし将来、「就きたい職業がある」「なりたい自分がある」などの理由から海外留学を志望する場合は、正規留学を目指しましょう。正規留学では、海外大学に進学し現地で生活をすることになるため当然語学の勉強は日常生活の中で学んでいくことになります。また、各大学ごとにの個性的な教育方針を持つことや、経営学や国際関係学、航空学などの専門分野の学位を取得することもできるため、高度な英語力に加え専門分野の知識も習得でき就職に強いと言われています。また、海外の大学はレポートや討論などが中心で、「読む」「書く」「聞く」「話す」のすべてが求められるため、卒業する頃にはビジネスレベルの語学力が付いていることでしょう。卒業するまでに最低でも数年間は海外で生活することになるため、色々な出身の人との交流やその国の文化や歴史の理解を深めることができます。たくさんの友人ができるので留学先が第二の故郷ともなるでしょう。

年齢は様々!海外大学に留学

年齢は様々!海外大学に留学

留学する人でもっとも多いのが大学留学です。高校を卒業してすぐの人や大学生、社会人などさまざまな人が入学しています。日本の大学と海外の大学では教育制度が違うことには注意しておきましょう。4年制大学だけでなく2年制大学もあり、イギリスやオーストラリアでは3年生大学が一般的です。海外の大学に入学する場合、それぞれの大学では入学資格や条件を設けており、それをクリアしなければなりません。判定材料として主に、学業成績や語学力、経済力などが審査されます。とくに、十分な語学力があることは留学するための大前提となっており、入学する以前から早めに学習しておくことが求められます。

今からでも間に合う海外大学へ編入、大学院へ進学

今からでも間に合う海外大学へ編入、大学院へ進学

海外の大学に編入する場合、すべての人が1年生からはじめる必要はありません。短大卒の人や4年制大学を修了している人は、途中編入することが出来ます。注意点として、大学によって一定の成績と単位を修める必要があり、語学力も問われます。また、すべての単位が卒業要件単位として認められるとは限らないので、よく確認しておきましょう。

海外の大学から別の大学に編入することもできます。アメリカやカナダではコミュニティカレッジと呼ばれる2年制大学の大学編入プログラムを卒業し、4年制大学の3年生として編入します。編入するには多くの単位を習得する必要がありますが、私立大学に4年間通うよりも学費を節約できることが魅力です。

大学院では最高峰の専門教育を受けることができます。修士課程と博士課程があり、大卒者が進学する場合は修士課程に進むことが一般的です。イギリスの修士課程は1年制でアメリカは2年制など国によって異なります。入学条件も国や大学によって異なるため、詳細は希望の大学院に問い合わせてください。

特色ある教育理念、海外の高校へ留学

特色ある教育理念、海外の高校へ留学

中学卒業後に高校留学というのも選択肢として考えていきましょう。高校留学では、アメリカ、イギリス、オーストラリアをはじめ各国の高校で特色のある教育理念があり、コミュニケーションスキルや自己鍛錬といった、生徒が人生に向けて準備できるようなプログラムが組まれている高校もあります。また、今後海外の大学へ進学を考える場合にも高校生のうちに英語を習得しておくことで、海外の大学に問わず幅が広がることでしょう。

ただし、各国教育システムが日本とは異なる場合があるため、事前調査は念入りにおこなってください。

たとえばイギリスの場合、高校の教育課程の中で、大学の入学として必要な資格(GCE-Aレベル)があり、入学時期や自身の学力レベルにあった選択が重要です。また、日本の大学に入学する場合にもメリットがあります。日本の大学でも入試での語学力は、年々重要性が増してきていることや、有名私立大学ではAO入試や帰国子女向けのプログラムも積極的に採用されているため、留学をすることによって不利になるということはなく、むしろ長期的にみるとメリットが大きいです。

メニューを閉じる