海外大学の教育制度

英語圏の留学先として人気のアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアの教育制度を紹介します。海外の大学は、卒業できる年数に違いがあったり、入学する条件が異なっていたりと日本の大学システムとは大きな違いがあります。各国の大学教育システムを理解して進路選択に役立ててください。

アメリカの4年制大学と2年制大学について

アメリカの4年制大学と2年制大学について

アメリカの大学の分類は日本とは異なります。学部課程には2年制大学と4年制大学の2種類があります。

2年制大学

2年制大学は大きく2つにわかれます。ジュニアカレッジと呼ばれる私立大学と、コミュニティカレッジと呼ばれる公立の大学です。ジュニアカレッジは一般教養課程を勉強することができ卒業すると準学士号を取得することができます。そして、多くの学生は4年制大学へ編入します。コミュニティカレッジは、地域住民の成人教育を目的にしているところに特徴があり、地域性が濃い大学です。卒業すれば4年制大学への編入か、職業教育プログラムを選択するのが一般的です。学生寮はありませんが、授業料は安くなっています。留学生に人気が高いのはコミュニティカレッジです。入学基準がそれほど高くなく、費用が安いことが大きなメリットです。4年制大学への編入も多い傾向があります。

4年制大学

4年制大学は総合大学とリベラル・アーツ・カレッジ、専門単科大と3種類に分けられます。1・2年次では一般教養課程を履修して、専門科目は3年次以降に学ぶのが一般的。日本の大学のように専攻(学部)を決めておく必要がありません。総合大学は修士まで学べるカレッジや博士課程まで学べるユニバーシティに分かれます。ユニバーシティは大学のなかでもトップ群の扱いで入学難易度が高く、アカデミックな授業が展開されます。カレッジは中規模の私立大学や州立大学に多いです。私立の総合大学の場合、少人数制のクラスが展開されていることが多く、学校からの手厚いサポートが期待できます。リベラル・アーツ・カレッジは学問分野を限定せずにバランスの取れた教養を育むことを目標にした大学です。幅広い知識を学ぶことができ、私立の大学に多いスタイル。学生数は少なく、少人数制のクラスが徹底されているところが多いです。専門単科大学は日本の芸術大学や音楽大学に相当する大学で、アートや音楽、ビジネス、看護など専門分野を学びます。入学には実技や作品の提出が必要な場合もあり、入学方法が特殊な大学となります。

コミュニティカレッジから大学進学へステップアップ

コミュニティカレッジから大学進学へステップアップ

入学金の安さや難易度の低さから留学生に人気のコミュニティカレッジです。コミュニティカレッジは、地域住民の成人教育を目的にした公立の大学です。進学に必要とされる英語力はTOEFL®で500点程度と決して高くはなく、年間授業料は私立大学の約3分の1と安いです。英語力に不安がある人や、4年間分の高い授業料を払うことが困難な人が利用したい大学です。

また、コミュニティカレッジには大学編入プログラム(Transfer/Academic Program)が用意されています。ここから4年制大学へステップアップすることが可能です。この制度を利用して一定の成績を修めれば、留学前ではハードルが高いと感じられたあこがれの大学に編入するチャンスが広がります。また、コミュニティカレッジと協定を結んでいる大学への進学が容易になり、チャンスの幅は広くなっています。2年学べば準学士号を取得することができ、ここで取得した単位は編入した4年制大学の一般教養の単位として認められます。そのため、4年で学士を取得することが可能です。

注意点としてコミュニティカレッジへの進学は比較的簡単ですが、入学してからの勉強は楽とはいえません。レギュラーの授業と並行しながらアカデミック英語に対応するための集中英語コースを学ぶ必要も出てきます。しかし、その分本物の英語力を養成することができますし、レポート作成やリサーチなどの課題も編入してからの力となるはずです。

カナダの4年制大学と2年制大学を学ぼう

カナダの4年制大学と2年制大学を学ぼう

カナダの大学はアメリカと同様、2年制大学と4年制大学に分かれます。2年制の大学は、170校ほどありコミュニティカレッジと呼ばれる州立大学が中心です。専門学校的な意味合いが強く、職業教育プログラムが実施されています。また、もう一つのプログラムとして編入プログラムがあります。これは4年制大学へ進学することを目的にした学生が利用するプログラムです。一般教養を学び、準学士号を取得できます。

4年制大学は前半の2年間で一般教養を学び、後半の2年間で専門科目を学べる大学です。ユニバーシティと言われ、卒業すると学士を取得します。カナダの大学は州によって教育システムが異なり、独自の教育が施されていることが特徴。そのため、どの州の大学で学ぶかということも重要です。

まずは進学準備!イギリスへの大学進学“ファウンデーションコース”

まずは進学準備!イギリスへの大学進学“ファウンデーションコース”

イギリスの教育制度は日本と比べると複雑で、留学ではシステムを理解しておく必要があります。とくに、留学生が利用することの多いファウンデーションコースはしっかりと把握しておきましょう。

イギリスでは一般教養課程を修了してから大学へ進学します。日本の高校を卒業してすぐにイギリスへ大学進学する場合、この一般教養課程を修了する必要があります。ここで、約9ヶ月間の大学進学準備を行います。ファウンデーションコースでは、英語力や専門科目に関する基礎知識、イギリスの授業スタイルなどを学びます。そして、大学に入学すると3年間の学士課程となります。そのため、日本と同じで4年で卒業することが可能です。

ファウンデーションコースはアカデミック英語に対応するための語学力を身につけるためのコースですが、入学の際にもある程度の英語力が必要です。そのため、英語力に自信がない場合は、さらに準備として語学学校に通う留学生も多いです。また大学によっては入学までに一定の英語力をつけていることを条件に「条件付き合格(Conditional Offer)」を出す大学もあるため、ご自身にあった方法を選択してください。

必要なスキルを身につける!オーストラリアへの大学進学“ファウンデーションコース”

必要なスキルを身につける!オーストラリアへの大学進学“ファウンデーションコース”

イギリスの教育システムを参考にしているオーストラリアでは、学士課程が3年間などイギリスとの共通点は多いです。また、イギリスと同様ファウンデーションコースという進学準備コースを設けています。留学生は、このコースを1年間受講してから大学・大学院に進学するのが一般的です。3年間の学士課程と合わせて、4年で大学卒業を目指します。

ファウンデーションコースでは、基礎教養と英語力を短期間のうちに養成します。それぞれの大学が独自の課程を持っています。留学生は、自身が希望する大学のファウンデーションコースを履修するのが一般的です。

なかには、規定の条件をクリアすることでその大学や提携大学への進学が保証される大学もあります。

メニューを閉じる